バナー協賛募集

 

 

 

  

支部情報


2019年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および
日本食品科学工学会西日本支部合同大会開催のご案内


1.日時:2019年10月12日(土),13日(日)
2.場所:シンポジウム・学術交流会:グランデはがくれ(佐賀市天神2-1-36)
     一般講演:佐賀大学 教養教育1号館(佐賀市本庄町1番地)
3.プログラム
第1日 10月12日(土)グランデはがくれ
  12:00~13:00 日本食品科学工学会西日本支部評議員会(会場:ハーモニーB)
  13:00~14:00 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部参与会(会場:ハーモニーA)
  14:00~17:00 公開シンポジウム「佐賀と栄養・食糧・食品科学」会場:ハーモニーB)
  17:30~19:30 学術交流会(会費:一般6,000円・学生3,000円、会場:ハーモニーA)
第2日 10月13日(日)佐賀大学 教養教育1号館
  09:00~(終了時間は演題数により変動)一般講演
「栄食支部発表賞」2次審査(午前中)・授賞式(一般講演終了後)
「食科工支部学生優秀発表賞」審査(午前より)

  1. 4.大会参加費:正会員2,000円、学生会員1,000円、非会員3,000円(講演要旨集代込)
  2. .一般講演について

演題申込受付:2019年8月19日(月)〜9月6日(金)

  1. 6.その他

 詳細が決まり次第、合同支部大会HPおよび各支部HPにて、随時お知らせします。

(合同支部大会事務局)
〒840-8502 佐賀市本庄町1番地 佐賀大学農学部生命機能科学科食品栄養化学分野
永尾晃治(会頭・大会事務局)、林 信行(大会実行委員長)
E-mail:qw-goudou<at>ml.cc.saga-u.ac.jp
合同支部大会HP:http://eishokukyushu.ag.saga-u.ac.jp
(日本食品科学工学会西日本支部)
松井利郎(支部長)、田中 充(庶務幹事)、益田時光(会計幹事)
E-mail:jsfst-wb<at>agr.kyushu-u.ac.jp
支部HP:https://www.jsfst.or.jp/shibu/nishinihon.html
(日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部)
田中一成(支部長)、古場一哲(庶務幹事)、湯浅正洋(会計幹事)
E-mail:eishokuq<at>gmail.com
支部HP:https://eishokuq.wixsite.com/eishokuq



日本食品科学工学会西日本支部「行事開催のお知らせ」
西日本機能性食品開発研究会セミナー
第29回西日本食品産業創造展‘19 同時開催


日時:2019年5月15日(水)~17日(金)
場所:マリンメッセ福岡(2階セミナー会場)
参加申込:参加希望の方は、ホームページにて登録を行って下さい。受講希望者に参加証をお送りします。定員になり次第、締め切らせて頂きます(特別講演会定員:200名、各セミナー定員:50名)。 https://www.nikkanseibu-eve.com/food/
(事前申込み〆切:4月23日(火))
※空席がある場合は当日セミナー会場にて受付いたします。
   西日本機能性食品開発研究会 
   実行委員長(九大院農)松井利郎(E-mail; tmatsui※agr.kyushu-u.ac.jp)※→@


プログラム:
5月15日(水)
【セミナー】
11:00~11:30 
  規格外未利用柑橘類を用いたジュレの機能性
  (福岡工業大学工学部)  長谷(田丸)靜香
11:45~12:15 
  これまでにない塩分70%カット!「超減塩みそ」の開発と応用       
  (ニビシ醤油(株))  熊抱貴士      
12:30~13:00 
  日本の伝統発酵食品の基盤、麹の健康機能性
  (佐賀大学農学部)  北垣浩志
13:15~13:45 
  九州地域バイオクラスター推進協議会の取り組み
  (九州地域バイオクラスター推進協議会)  森下惟一
14:00~14:30 
  摘果ミカンと茶葉を混合揉捻して製造した発酵茶のヒトでの機能性評価
  (長崎県立大学看護栄養学部)  田中一成
14:45~15:15 
  Dr.ベジフルの野菜講座 !!(頭を元気にする食事?)
  (高上青果(有))  高上 実
15:30~16:00 
  有明海苔・タマネギでメタボとアルツハイマー病を予防・改善する
  (佐賀県地域産業支援センター「さがフード&コスメラボ」)柳田晃良
16:15~16:45 
  食事リン脂質の栄養生理機能
  (九州大学農学研究院)  城内文吾


5月16日(木)
【特別講演会】
10:30~12:00  
  「ワインの世界を知る」
  (第1部)イタリアワインの今、注目の産地、注目のワイン
    (一社)日本ソムリエ協会認定シニアワインアドバイザー、ソムリエ
    株式会社モトックス  本間 敦
  (第2部)ワインの色、ポリフェノールとその機能
    中村学園大学 栄養科学部   沖 智之

【セミナー】
13:00~13:30  
  きのこの健康増進効果
  (九州大学農学研究院)  清水邦義
13:45~14:15 
  くしまオリジナルブランド『ヤマダイかんしょ』の嗜好機能解析
  (宮崎大学 地域資源創成学部)   山﨑有美
14:30~15:00 
  地域戦略プロジェクトによる鹿児島県産農畜産物等の高付加価値食品 の開発
  (鹿児島大学農学部)  侯 徳興
15:15~15:45 
  黒糖焼酎もろみを基材とした美白化粧品の開発と機能性について
  (鹿児島純心女子大学 看護栄養学部)  中野隆之
16:00~16:30 
  沖縄特産香辛料ヒハツモドキのフレーバー特性
  (琉球大学農学部)  和田浩二


5月17日(金)
【セミナー】
10:30~11:00 
  MALDI-TOF-MSを用いた微生物迅速同定法の食品産業への展開
  (九州産業大学 生命科学部)  中山素一
11:15~11:45 
  野菜栽培段階におけるリステリアの汚染機構について
  (九州大学農学研究院)  本城賢一
12:00~12:30 
  HACCP制度化への備え ~自主的な衛生管理のススメ       
  ((一財)日本食品分析センター)  植田浩之
13:00~13:30 
  黒ウコンに含まれるポリメトキシフラボンのアルツハイマー症予防効果
  (岐阜大学 応用生物科学部)   光永 徹 
13:45~14:15 
  熊本の新養蚕と食の未来
  (熊本大学自然科学研究科)  太田広人
14:30~15:00 
  九州産ハーブ類の色、香り、抗酸化力
  (福岡女子大学 国際文理学部)  石川洋哉
15:15~15:45 
  食品の香りと商品開発
  (九州産業大学 生命科学部)  金田弘挙


日本食品科学工学会西日本支部共催
「第60回分析化学講習会」


主催 日本分析化学会九州支部
共催 福岡市,九州大学先端科学技術研究所(ISIT),九州大学学術研究都市推進機構,日本化学会九州支部,電気化学会九州支部,日本薬学会九州支部,日本食品科学工学会西日本支部,日本農芸化学会西日本支部,日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部,日本臨床化学会九州支部,日本水環境学会九州支部,化学工学会九州支部,クロマトグラフィー科学会,福岡県環境計量証明事業協会
期日 8月6日(火) ~ 9日(金)
会場    九州大学伊都キャンパス(〒819-0395 福岡市西区元岡744)
九州大学馬出キャンパス(〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1-1)
福岡大学理学部(〒814-0180 福岡市城南区七隈8-19-1)
福岡市産学連携交流センター(〒819-0388 福岡市西区九大新町4-1)
講義と実習(8月6日~9日)
1.ガスクロマトグラフィー(GC)
8月6日,7日(1日コース,両日とも同一内容) 於九州大学伊都キャンパス
講師:(熊本県立大)白土英樹,(九大院農)井倉則之
A.化合物の同定(保持指標,マススペクトル)
B.定量分析(内標準法)
C.試料導入法(スプリット法,スプリットレス法)
D.香気成分のサンプリング(固相マイクロ抽出法)
E.食品の香気成分分析(GC−MS法)
2.高速液体クロマトグラフィー(HPLC)
8月8~9日(2日コース)  於九州大学馬出キャンパス
講師:(九大院薬)浜瀬健司,(福岡大薬)巴山忠
A.逆相HPLCの基礎実習と実試料分析(医薬品・化粧品分析)
B.HPLC機器の内部構造とメンテナンス
C.HPLC用超純水製造装置
D.超高速全自動プレカラム誘導体化アミノ酸分析
E.PDA検出器並みの感覚で使用出来るMS検出器の紹介
F.逆相モード,HILICモードを用いた低分子化合物の分離~汎用から最新の高速分析カラムまでのカラム選択~
G.多次元HPLCシステムによる高分解能分析
H.イオンクロマトグラフィーによる水,大気などの環境分析ならびに
各種品質評価
I.卓上小型MS検出器ACQUITY QDaを用いる新感覚LC-MS分析
J.円二色性検出器を用いたキラル分離
3.誘導結合プラズマ-質量分析法(ICP-MS)
8月6日,7日(1日コース,両日とも同一内容) 於九州大学伊都キャンパス
講師:(九環協)天日美薫
A.無機分析に関する基礎
B.固相抽出法等による前処理
C.マイクロピペッターの精度管理とメンテナンス
D.ICP-MS法による金属分析及びメンテナンス
4.X線分析(X-ray)
8月9日 於福岡大学理学部
講師:(福岡大理)栗崎敏,市川慎太郎
A.X線分析(回折,蛍光X線分析)の基礎に関する講義と測定及びデータの解析
5.電子顕微鏡分析(SEM/TEM)
8月8日 於福岡市産学連携交流センター
講師:(九大院理)宇都宮聡
A.電子顕微鏡分析(SEMとTEM)の基礎に関する講義とSEMによる試料観察
6. 核磁気共鳴分光法(NMR)
8月6日 於福岡市産学連携交流センター
講師:(九大院理)松森信明,(福岡教育大)宮崎義信
A.NMRの基礎と溶液NMRの測定法
B.有機物質の構造解析
C.NMRの無機化学・分析化学への応用
ランチョンセミナー (8月8日・9日,12:00~13:00,HPLC会場のみ)
使用機器 日本分光,日立ハイテクサイエンス,サーモフィッシャーサイエンティフィック(ジェイ・サイエンス西日本),東ソー,島津製作所,大阪ソーダ,日本ウォーターズ,ジーエルサイエンス,エムエス機器,オルガノ,メルクの提供による最新機器
LC終了試験 本講習会のHPLC実習受講者は,無料でLC終了試験を受験できます。終了試験の合格者は,日本分析化学会認証資格「LC分析士(初段)」を取得するための筆記試験が免除されます。


参加費               
  主催・共催会員 35,000円(非課税)
 会員外 45,000円(税込)
 学生 15,000円
申込方法 web(www.jsac.or.jp/~jsac_kyushu/)より以下の項目(①~⑤)を入力してお申し込み下さい。当方から受付番号をお知らせしますので,参加費を下記口座にお振込み下さい。その際,振込み人氏名の前に受付番号を必ず記入して下さい。①受講者氏名,②所属,③連絡先(郵便番号,住所,Tel,Fax,E-mail),④希望コース(GC,HPLC,ICP-MS,X-ray,SEM/TEM,NMRの6コースから選択,日程が重ならなければいくつでも可),⑤所属する主催および共催学協会(複数回答可)
注意    a. やむを得ない事情により,プログラムの一部を変更することがあります。
b. 各実習コースは定員制ですので,お早めにお申し込み下さい。
c. 参加費の入金の確認をもって申し込みを受理いたしますので,振込用紙には参加者の名前を必ず記載して下さい。
d. 会員には,勤務先が維持会員,特別会員,公益会員の方も含みます。
e. いったん納入された参加費の払い戻しは致しません。
申込締切 7月5日(金)
口座名義:第60回分析化学講習会実行委員会
ゆうちょ口座からの送金
記号:17740     番号:18463431
他金融機関からの送金
店名:七七八    店番:778 預金種目:普通預金    番号:1846343
申込先 〒840-8502 佐賀市本庄町1番地 佐賀大学 理工学部内 第60回分析化学講習会事務局 以下のwebよりお申し込みください。
http://www.jsac.or.jp/~jsac_kyushu/
webからのお申込みが難しい方は,書式にご記入の上Faxでも可能です。
[Fax: 0952-28-8548]
問合先 
〒840-8502 佐賀市本庄町1番地 佐賀大学 理工学部内 第60回分析化学講習会事務局
[E-mail:kyushu_bunkou<at>jsac.jp]
実行委員長     佐賀大学 高椋 利幸(Tel 0952-28-8554, Fax 0952-28-8548)
庶務         佐賀大学 梅木 辰也(Tel 0952-28-8555, Fax 0952-28-8548)
会計         佐賀大学 真瀬田幹生(Tel&Fax 0952-28-8896)


・平成28年11月26日西日本支部大会講演要旨集(pdf)